社会的責任

弊社と従業員は、オアシスによる100 Women in Financeおよびその他の香港および米国の社会的・慈善活動のサポートを含め、正式・非正式の慈善活動に携わっています。 オアシスはまた、革新的な社会的プログラムに対して関心を持つ個々の従業員も支援しています。

最も身近なところでは、オアシスが設立時に出資したカレン・リョン基金(Karen Leung Foundation)があります。同基金は、転移性の子宮頸癌に勇気と尊厳を持って立ち向かった後、2012年10月に35歳で他界したオアシスのトレーダー、カレン・リョンを偲んで設立されました。 カレン・リョン基金は、婦人科の癌に関する教育、予防、研究、治療の資金調達と推進を目的に設立されました。

オアシスは、カレン・リョン基金と、2013年6月に香港で初めて開催された同基金の年次インベスター・カンファレンス慈善イベントの誇り高きパートナーです。 同カンファレンスは、今では世界的に認知されているソーン・カンファレンス財団と提携し、活躍するプロの投資家が市場の見方や投資アイデアを披露する、アジアの見逃せないイベントとなっており、セルサイドとバイサイドの投資専門家、資産配分担当者や個人投資家などの参加者が、この分野のリーダーの価値ある洞察を吸収できる機会を提供しています。 ロングオンリーとヘッジファンド両方のポートフォリオを運用するこうした投資家の多くが、公の場で自らの洞察を共有するのは稀なことです。 ソーン香港/カレン・リョン基金カンファレンスに関する情報は以下で入手できます。http://www.sohnconference.org/hong-kong/ 及び http://www.karenleungfoundation.org/events

オアシスは、1998年に設立され、主にヘッジファンド業界の支援を受けている国際的慈善団体であるヘッジファンド・ケアのアジア支部、ヘッジファンド・ケア香港の会員です。同団体のミッションは児童虐待の防止とケアです。詳しくは、 http://asia.hfc.orgをご参照ください。