企業理念とアプローチ

オアシスは世界のさまざまな資本市場で、投資、トレーディング、アービトラージに重点を置いた戦略を組み合わせて運用しており、さまざまな戦略やアセットクラスに好機を逃さず投資するアプローチを取っています。

また、さまざまな市場や多様な資本構成を持つ企業に生じるロングやショートの投資機会を生かし、リスク調整後のリターンが最大となるような投資を選択しています。 さらに投資アプローチでは、ファンダメンタル価値の分析とともに、刻々と変化する市場環境に機敏に反応して対処していくことを重視しています。 加えてオアシスは、さまざまなアセットクラスにおける特定のシチュエーションやトレードに特有の投資機会を探し出すグローバルな調査能力を有しています。ここでは、アセットクラスや地域に広くまたがる調査能力、包括的なトレード評価能力のほか、投資対象を自ら直接発掘できるダイレクトソーシングの能力、さらには資金配分を迅速に判断する能力が強みになります。

オアシスは設立以来、イノベーション、機敏性、柔軟性をベースとした投資活動で誇るべき優れた成果を上げてきました。 これは、徹底したデューデリジェンスを行い、定性的調査と定量的調査の相乗効果を活用し、過去15年間以上にわたって構築してきた当社独自のシステムに裏打ちされた、あらゆる重要なリスク管理を行うことによって成し得たものです。 また、世界の資本市場に長年関与してきた実績から、さまざまな地域の法規制に関する知識を十分に蓄え、現地の発行体企業や市場関係者と良好な関係を築き、最先端の投資プロセスや事業プロセスおよび管理システムを開発してきました。